レコメンパーティー

主に社会派(たまに脱線)の記事と、関連するモノを recommend(推薦) します。

何に情熱を傾けられるか?

ロンドンで起業した、ある元銀行員の話。

 

本物の和食を届けようと、ロンドンの金融街・シティーで弁当デリバリーを創業した元バンカー。和食フードデリバリー「和惣(WASO)」の創業者、吉村俊宏さん(30)。

 

近くの貸倉庫を拠点に弁当を台車に積み込んで売り歩く。本格的な和食が手ごろな値段で楽しめるとあり、シティーでは口コミで評判が広がっている。1年で300食以上注文する「お得意さん」もいる。

 

 以前は、東京の米銀大手JPモルガンで働くバンカーだった。高収入が約束された環境を捨てることに怖さは感じなかったという。

「自分は一体何に情熱を持っているのか」と自問自答。

15歳の頃に夢をつづったノートには、世界を舞台に日本の文化や食にまつわるビジネスを展開する夢が記されていた。

 

 2013年秋にJPモルガンを退職。

 退職後、ワーキングホリデービザで渡英し、日本食の店でレジ打ちなどを経験。

帰国後、起業家ビザを取得して再び渡英。15年春に開業。

シティーに出向き、片っ端から名刺をもらってはメニューをメールで送る。

売り上げは順調に伸びた。今後はシティーに店舗を構える予定。ニューヨークなど海外進出も考えている。

 

「和惣の弁当を食べた人たちには、和の全てを味わってほしい」。

「我々のミッションは、世界中を『Authenticity』(本物)であふれさせることだ」

「みんな、自分にうそをつかず、ありのままに生きよう!」。弁当を入れる袋には、吉村さんのメッセージが印刷されている。

 

フリーランスって、日本に何人いるの?

兼業者も含め、1100万人超 もいるらしい。

 

 

政府も「働き方改革」として後押しする構えを見せている。

 

副業も認められていく様子だし、これから「一社専業」という働き方は、かえってリスキーかもしれない。

 

一方で、フリーランスとしての不安と言えば、

 

・収入の不安定さ

社会保障が手薄になる

・健康の維持

・社会的な信用の無さ

 

といったものが出てくる。

 

ただ、こういう不安に対して、ビジネス面での動きも起こっている。

 

・会員になれば、賠償責任保険や健康診断などの援助が受けられる「一般社団法人 プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」

 

・「損保ジャパン日本興亜」は、所得補償保険を販売。

 

・「ギークス」という会社は、無料の税務相談サービスを開始。

 

日本は労働生産性が低いと言われるが、自分の強みで勝負できる労働環境が整っていけば、自然と生産性も上がるんじゃないだろうか

 

会社員    = 堅実、信用できる

フリーランス = 不安定、信用できない

 

こういう考え方を変える必要性を、みんなが認めることが重要ではないかな。

 

小・中学校の職場体験でも、自営業やフリーランスの仕事を取り入れて、多様な働き方があるということを学ばせればいい。

 

 

 

ひめたん、おつかれさまでした!

11月7日・8日、東京ドーム公演2DAYS。

 

中元日芽香さん、伊藤万理華さん、最後のあいさつ。

 

コンサートなど行かない人間だけど、これは現場で見たかった。

 

ひめたん推しだったし、まりっかの個人PVも好きだった。

 

それぞれの道で、また活躍してほしい。

 

おつかれさまでした。ありがとう。

 

f:id:omuroan:20171109002302p:plain

 

フラップ手術(ちょっと閲覧注意かも)

手術、受けてきた。

歯医者さんで。

 

親知らずを抜いた後、激痛に襲われたのが2ヶ月前。

そのときの記事。 

omuroan.hatenablog.com

 

そのあと、激痛もおさまり、とりあえず経過観察ということに。

 

しかし、今度は歯ぐきが腫れ上がりだした。

今度は痛みはないが、怖くて食べ物を噛めない。

はぁ・・・いつまで続くんだろうか。

一生、苦しむんだろか・・・。

 

病気を苦に自殺する人の気持ちが、少しだけ分かるような気がする。

病気で苦しんでいる人には優しくしよう。

 

で、この「フラップ手術」というのはどんなものか。

簡潔に言うと、

 

・歯肉(歯ぐき)を切開する。

・そして、グッとめくる。

・歯の根元が直接見えるようになる。

・その部分に付着した歯垢・歯石を取り除く。

・縫い合わせる。

 

という手順の手術。

歯石除去の強力バージョン、といった感じ。

 

より詳しく知りたい人は、こちらを。(注.画像あり)

kenkousupport.kyoukaikenpo.or.jp

 

ぼくの場合、対象の歯は1本だけで、約1時間ほどかかった。

麻酔が効くまでの待ち時間や、レントゲン撮影も入れて。

料金は、社会保険がきくので1500円くらいだった。

 

途中で麻酔が切れかかって、かなりの痛みを感じた。

多少の痛みは我慢しようと、拳を握りしめたが、あえなくギブアップ。

無理しないで、先生に伝えましょう。

追加の麻酔を打ってくれるはず。

 

手術した部位の写真を見せられた。

縫い合わせる前の、歯肉を切り開かれているところ。

ううっ、エグい。

 

帰り際に、先生から「歯ブラシでゴシゴシやらないように」と言われた。

 

はい、絶対やりません!

 

死ぬわ。

 

帰宅して、鏡で口内を見たら、ああ・・・

歯ぐきから、糸が飛び出してる・・・。

 

来週、抜歯だ。

その後も、続きがあるようだ。

どうなるんだろう。

 

当分は麺類しか食えんな。

 

食を制限されると、ホントにこたえるね。精神的に。

長期入院している人は、ツラいだろうな。

 

一段落ついたら、美味しいもの食べに行こう。

 

 

今日のレコメン

 

歯周病こそ、「治療」より「予防」だ。

 

10代・20代のあなた。

3ヶ月に1回、定期検診&クリーニングに行こう!

 

若いときに、もっと歯に気をつかってたらなぁ・・・、と後悔しないように!

 

f:id:omuroan:20171031002936j:plain

 

 

 

 

 

まいまい、おめでとう!

よくぞ、ここまで。

深川麻衣さん、おめでとうございます。

f:id:omuroan:20171027120910p:plain

 

映画初出演にして初主演。

「パンとバスと2度目のハツコイ」

第30回東京国際映画祭(TIFF)、特別招待作品。

 

サインを求める勢いがスゴい。おそってくるゾンビみたい・・・。

f:id:omuroan:20171027115932j:plain

 

 

乃木坂46に加入するも、デビューシングルではアンダーからのスタート。

3rd「走れ!Bicycle」 で、ようやく選抜入り。

9th「夏のFree&Easy」で、やっと福神入り。

13th「今、話したい誰かがいる」で、フロントへ。

14th「ハルジオンが咲く頃」で、センターに。

そして、卒業。

 

人気メンバーとしては、遅咲きの方だったが、着実にステップアップ。

仕事に対する誠実な姿勢や、周囲に対する気遣いや優しさが認められ、のし上がっていくというより、みんなから推し上げられてのことだろう。

素人でも容易に想像がつく。

 

日テレのスタッフが、彼女のスピンオフ映像を勝手に制作してくれたことも、むしろ当然のことかと感じる。

 

メンバー、スタッフ、そしてファンから、これほど愛された人はもう出ないだろう。

アイドルという枠を超えて、人として素晴らしい女性だ。

本当に、女優として大成してほしい。

応援してます。

 

今日のレコメン

 

乃木坂46ハルジオンが咲く頃」(アルバム「それぞれの椅子」に収録)

 

youtu.be

 

言葉のチカラ

衆議院総選挙が終わった。

事前の見通しどおり、自民圧勝。

 

ただ、立憲民主党の躍進は意外だった。

「主義」「姿勢」を一貫して保つことの重要さに気づかされる。

 

前回の記事

omuroan.hatenablog.com

 

今回は、不用意に放った一言の重さを痛感する選挙だった。

 

小池さんの「排除します」。

f:id:omuroan:20171023012728p:plain

 

豊田さんの「ハゲーッ」。

f:id:omuroan:20171023012049j:plain

 

議会制民主主義なんだから、選挙という関門は避けられない。

そうである以上、イメージ戦略とかマスコミ対策は必須。

言葉づかいの問題は致命的な弱点になる。

 

とはいえ、イメージだけで選ぶのもおかしい

 

豊田さんは、暴言に加えて暴行もあったというから論外だが、本来なら、政治家としての実績とか、政策の内容で判断するのが本筋。

 

少し前から、ワンフレーズ政治、印象先行型選挙が主流になってきたように感じるが、これはマスコミの劣化と関係するように思う。

 

手っ取り早く視聴率をかせぐために、視聴者が食いつきやすい報道をくり返す。

その報道によって世論が形作られる。

そして、選挙結果は予測報道のとおりになる・・・。

 

政策の内容でなく、世論形成や大衆操作のテクニックによって政治が左右されることになったら、それはナチス=ドイツのたどった道と同じだ。

 

しかし、最終判断をくだすのは国民(有権者)なのだから、最終責任も国民にある。

マスコミの言うことだけに左右されない判断力を持とう。

 

 

今日のレコメン

 

「自分のアタマで考えよう」(ちきりん 著) 

www.amazon.co.jp

 

 

ホンモノの総選挙

「総選挙」はAKBのイベントと思っている小中学生が多い気がする。

ちがう。

今度のは、ホンモノの総選挙だ。

f:id:omuroan:20171020000744j:plain

 

twitter上でアンケート実施してみた。

ものすごい小規模な世論調査ですが。

選択肢は、「自民党」「希望の党」「立憲民主党」「その他」の4つ。

 

結果は、自民圧勝。(75%)

次いで、立憲民主党。(25%)

意外に、希望の党は投票0だった。

都政と国政は別物ということか。


あれこれ批判はあるけれど、経済政策自体は効果を発揮している。

日経平均株価が上昇を続け、求人倍率も高くなった。大学生の内定率も好調。

若手の議員のスキャンダルはあったが、安倍総理自身は何とか逃げ切った感じ。

いまさら「モリ」「カケ」騒いでも、すっかり下火。


第一次安倍内閣の頃に比べると、安倍さんはずいぶん強かになった。

苦境は人を強くするのか。

ちょっと強気過ぎることもあるが、それぐらい自信を見せたほうが、リーダーとして相応しいのだろう。


さらに、野党サイドの失策が効いているのは、もう周知の事実。

「排除」発言で、イヤな感じを与えてしまった小池さん(希望の党)。

「自滅」した民進党。

「護憲」を唱えても、存在感不足は否めない枝野さん(立憲民主党)。

 

選挙の直前に、分裂、発生、合流、というドタバタぶりを見せられたら、それだけで不安になる。


加えて、「保守」「リベラル」といった、よく分からない用語が、有権者を混乱させている一面も。

 

あいまいな政治用語を使うほど、有権者は「よー分からん」「だったら、分かりやすいところへ」となる。


結果、問題はあるけれど、

結果を示しつつある自民党政権に継続委任するのが無難、となる。

 

「争点を明確にする」

「仕掛けるタイミング」

 

勝ち負けは、こういった要素に左右される部分が大きい、と学んだ。

 

今日のレコメン

 

政界で勝負に強かった人といえば、やはり・・・。

(注.石原慎太郎さんではありません。この本の中の人です。)

www.amazon.co.jp